CR-Z/オンライン

“ツイーター交換”

このエントリーをはてなブックマークに追加

powered by Stupid.




ドアスピーカー交換に引き続きツイーターの交換です。
前回作業で運転席足元までツイーター線は通してあります。


ウェザーストリップ

ウェザーストリップを剥がしていきます。

手でめくって引っ張るだけです。

最大の難所

今回の最大の難所です。

私のCR-Zには本革シートのセットオプションでサイド&カーテンエアバッグがついています。
Aピラーの内部に仕込まれてあり、エアバッグの爆発時画像のピラーが開きます。
(このカバーを外さないとツイーター交換ができません)
サービスマニュアルには画像の位置で素手で叩けば内部のクリップは外れると記載されていましたが、いくらドンドン必死に叩いてもビクともしませんでした。

エアバッグ

最後は無理やりカバーをめくり、クリップ(画像右上の緑のブツ)を外しました。

エアバッグ用で特殊な形状でした。

ここだけで小一時間かかりました。

ツイーターカバー

ツイーターカバーは手前から内張り剥がしを入れコジルだけで外れます。

純正ツイーター
純正ツイーターの側面に小さな爪が三箇所ありますので、細いマイナスドライバーで押さえて外しました。
ツイーターカバー

ツイーターを取外しました。

ただ残念ながらネット(グリル)の部分は一体成型になっていて取外し不可でした(´Д`)

ドリルで穴あけ
やむを得ずパイオニアの新ツイーターは上部設置にします。

配線が通せるだけの最小の穴をドリルで開けました。

後はケーブルを通してツイーターを両面テープで固定します。

※両面テープだけではツイーターの頭が重いため「コテッ」と倒れてしまいましたので、 付属のプレートで装着しなおしました。
ツイーター線合体
ツイーターのカバーを元通りセットしたらケーブルを下に下ろしていき、前回通しておいたネットワークからのツイーター線と合体します。
ツイーター設置完成
ひとまず完成。

この状態で上下左右に首振り可能です。

最大の難関はサイドエアバッグのAピラーカバーでした。
まあほとんどの方は付けていないと思いますのでツイーターの交換自体は簡単な方ですね。

ツイーター取外し解説書




ドアスピーカー交換

静音計画・ウェザーストリップ編
CR-Zオンライン
© 2010 Stupid.
inserted by FC2 system