CR-Z/オンライン

“ドアスピーカー交換”

このエントリーをはてなブックマークに追加

powered by Stupid.




フロントスピーカーを交換しました。
今回はウーハー部とツイーター配線通しです。


パイオニア カロッツェリア TS-C1710A

Pioneer 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-C1710A

セパレートタイプの中間クラスのスピーカーです。

ネットワーク対応らしくケース状のものがついていますが…
ネットワーク?というものがなんなのか解っていませんw
これにしたのはホンダ用スピーカー変換コードがセットで入っているからです。

ケンウッドやアルパインなんかは別売りだとか。

パイオニア カロッツェリア UD-K514

carrozzeria【カロッツェリア】UD-K514高音質インナーバッフル ホンダ/三菱車用

インナーバッフルボードです。

ホンダ用として二種類販売していますが、CR-Zはこちらだとパイオニアのサポートに確認し購入しました。

スピーカー比較

前準備としてドア内張りを外します。

続いて純正スピーカーを外します。

右側が純正スピーカーですが、マグネット部が比較にならないぐらいショボイ

重量も純正品はカル〜イです。

変換ケーブル

まず純正の車両側コネクタと付属の変換ケーブルを接続します。

変換ケーブルのプラスとマイナスをネットワークの「アンプ」に接続します。

「ウーハー」はドアスピーカー、ツイーター線はドアの配線チューブから車内へ通します。(下に記述しています。)

ネットワーク本体はインナーパネル内側に耐熱両面テープで貼りました。

運転席下のカバー
ツイーター線を車両側へ通すために配線チューブを引き抜きます。

運転席下のカバーを外します。

右手前のコック状のネジをひねるだけ。

クリップが一箇所ありますので下へ降ろして手前に引きます。
ツイーター線

ウェザーストリップをめくり(手で引くだけです)運転席足元右側のカバーを外します。

クリップで止めてあるだけですので簡単に外れます。

このあとドアから来ている配線が三箇所のコネクターに分かれ(私のCR-Zの場合)ヒューズボックスに接続してありますので取外します。

配線のゴムチューブ
あとはズルズルと配線のゴムチューブを取り出します。
ツイーター線
ネットワークから出ているツイーター線を車両側へ通しました。

配線通しを使いましたが針金でも通るかも?

チューブを車両に残したままでは恐らく通らないと思います。
アンダーパネル
こちらは助手席側です。

アンダーパネルを手前下に引くとはずれます。

全く意味不明のアンビエントランプがありますのでコネクタを外します。
パネルカバー
あとは運転席側同様足元のパネルカバーを外しコネクタ2個を外します。
助手席ツイーター線
ツイーター線も同様に通します。
固定用のプレート
純正スピーカーの上部に固定用のプレートがありますので取り除きます。
バッフルボード
バッフルボード取り付けは、裏からワッシャとナット表からボルトを入れて締めていきます。

三本ありますが、少しずつ均等に締めていきましょう。

あとはスピーカーを取り付け(ビス4本)ます。
エーモン AODEA 防音テープ2179
エーモン AODEA 防音テープ No.2179

スピーカー付属のテープがあまりにもショボかったため別途購入しました。
スピーカー取付完了

取り付けてみてちょっとデカすぎかな?とも思いましたが内張りも収まりましたのでよかったです。


このあとツイーター交換もしました。

ドアスピーカーの交換自体は簡単ですが、ネットワークから出ているツイーター線が面倒ですね。

フロントドア内張り取外し解説書




ドアデッドニング

ツイーター交換
CR-Zオンライン
© 2010 Stupid.
inserted by FC2 system